2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

カテゴリ:トランスフォーマー の記事リスト(エントリー順)

返品からの2体目 MPM-04 オプティマスプライム

kage

2017/09/22 (Fri)

発売日に買ったの物は親指が無く返品4211.jpg
この時点で在庫切れだったため交換は出来ませんでした

4212.jpg
そして昨日Amazonを見てみたらこの値段
再入荷なのに値下げされていました

というわけでお急ぎ便で注文して本日到着

4213.jpg
恐る恐る中身を確認していきます

4214.jpg
やはりボンネット部分はツライチにはなっていません
ま、これは仕方ないです

4215.jpg
親指はまたも強引に収納されていたため関節から変形していましたが
幸いなことに両方ともパーツは健在でした

4216.jpg
親指は多分こっちが正解なんだと思います

4217.jpg
ブレードも左右別々のものが入っていました
これも稀に左右同じものが付属していたりするみたいです

4218.jpg
変形をオミットしたのは良いとして
ブラスターの肉抜きは納得いかない感じ

4219.jpg
フェイスチェンジもOKでした
最初首が回りませんでしたが力をかけたら動きました
※破損の危険性があるので自己責任でお願いします

4220.jpg
さて、再びビークルモードにトランスフォームさせてみましょう
各部のパーツの合いを確認しながらココまで来ました
サイドのドア(青いパーツ)とフロントガラス(赤いパーツ)を
止めるピンが硬かったので若干ですが斜めにカットしました

4221.jpg
フロントバンパー、側面パーツをロックします
無事にきれいなツライチの状態にすることができました
ちなみに、ここまでたどり着くまでに約2時間
変形工程を行ったり来たりしながら
10回くらいロボ⇔ビークルを繰り返しました

4222.jpg
本体下部をよく見ると運転席真下あたりのパーツが
若干ですが凹んでいると思います
このくらいのポジションがベストな位置のようです

4223.jpg
コレでめでたしめでたしと行けばよかったのですが
ボディー後部のヒンジが左右逆になっているのを発見
ネットで調べるとかなりの個体(ひょっとしたら全部)が
こうなっているみたいです

それでも、とりあえず変形に支障はないので
このまましばらくはビークルで飾っておこうと思います
次に変形させた時にまた歪みのないボンネットを作る自信が無いので・・・
しかし、こまった商品ですねぇ

最後に
対象年齢8歳以上?おかしくね(笑)

LG-43 ダイナザウラー④フルチルト編

kage

2017/09/04 (Mon)

ダイナザウラー編もいよいよ最終回
まずはコメントを頂きました、ごにぎりさんへの回答から
4172.jpg
というわけで私のお部屋のTFゾーンです
2年ほど前まではこのスペースがほとんどガンプラだったのですが
あっという間にTFに侵食されました

4173.jpg
自分でもよくここまで集めたもんだと思います

4174.jpg
大物もロボットモードにしてしまえばある程度収納も可能なのですが

4175.jpg
ダイナザウラーは恐竜形態がロボットモードなので
どうしてもシッポが長くて正面を向けさせることができません
誰か良い収納方法あったら教えてください

4176.jpg
というわけで、ようやく本題のフルチルトです

4177.jpg
ダイナザウラーの胸部

4178.jpg
前面を展開して取り外します

4179.jpg
これがフルチルトのビークルモードです
ほぼ淡色のボディーにタイヤと武器
これはシールを貼っていない状態です

4180.jpg
コックピットを開けるといつも通りヘッドマスターが

4181.jpg
海外仕様なのかと思ってしまう配色
顔も真っ黒です

4182.jpg
変形は脚部のカバー部分などの凝った部分はあるものの
概ねわかりやすくシンプルなもの

4183.jpg
トランステクターには一部シルバーの塗装が

4184.jpg
ヘッドオン!

4185.jpg
可動はそこそこ、カカトがないけど背負い物もないので自立に影響なし
ただし足首が丸々無可動なのでポーズは制限されますね

4186.jpg
大きさ的には大きめのデラックスクラスといったところ

4187.jpg
頭部もデザイン、塗装含めシンプル極まれりといった印象

さあ、これにて全4回のダイナザウラーご紹介も終了となります
日本の住宅事情では中々置き場所に困ると思いますが
そこさえクリアできるなら買って損はしないと思います
とにかく触って楽しい玩具ですよ~

LG-43 ダイナザウラー③ロボットモード編

kage

2017/09/02 (Sat)

いよいよ立ち上がる時
4160.jpg
遂にアイツが動き出した(笑)

4161.jpg
基本的には左右ブロックを畳んで首を回すだけの簡単変形
あとは各部の微調整で完了

4162.jpg
これぞダイナザウラーロボットモード

4163.jpg
手足の関節は異様に良く動きます、あとシッポも

4164.jpg
前傾姿勢をとって今風スタイルにすることも可能

4165.jpg
口の中にヘッドマスターをゴクっと丸呑み

4166.jpg
お腹を開けたら出てきます

4167.jpg
ヘッドマスターは後部ジョイントに接続することもできて

4168.jpg
連動アクションで頭頂部の武器がせり上がります

4169.jpg
デラックス、ボイジャーと並べるとサイズ感が伝わります

4170.jpg
グランドガルバトロン様が小さく見える

4171.jpg
でも上には上がいるわけなんですが

次回は最終回 いよいよフルチルトの登場です

LG-43 ダイナザウラー②ビークル編

kage

2017/09/01 (Fri)

基地モードから移動モードへ
4151.jpg
トランスフォーム!!

4152.jpg
横の出っ張りが小さくなってそこそこコンパクトに

4153.jpg
前部ハッチが開いてTFを格納可能

4155.jpg
機銃は上下に可動

4154.jpg
デストロン軍団終結!

4156.jpg
ウエポンビークルを5ミリジョイントを使ってそれらしく配置

4157.jpg
サイドの甲板はデフォルトはこうですが

4158.jpg
展開すれば空母的な使い道にもできます

4159.jpg
今回、フルチルトは主砲的なポジション

さてさて、次回はいよいよロボットモードですね

LG-43 ダイナザウラー①基地モード編

kage

2017/08/31 (Thu)

この夏最大のアイテムはサイバトロン星じゃなかった!!
4144.jpg 
ファン投票で製品化が決まったダイナザウラーがついに発売
日本の住宅事情無視の超絶基地モードが凄すぎる

4145.jpg
以前購入のフォートレス同様に今回もシールの嵐はパスしています
基地中央のカタパルト部分はオールクリアーグリーンで経年劣化が心配

4146.jpg
とにかくTFが沢山あればあるほどプレイバリューが高まります
ビルドロン部隊と比較すればサイズがヤバいことは一目瞭然

4147.jpg
特に武装とかは付属していないのですが
5ミリジョイントは各所にあるので
様々なTFの武装を取り付け出来ます
今回使ったデバスターの武装は大きさも丁度良い感じです

4148.jpg
ミニピンも沢山あるのでヘッドマスターの固定も心配なし

4149.jpg
基地接続用のタラップも両側にあります
サウンドウェーブを持っていないので今回は未使用

4150.jpg
中央に接続しているフルチルト
こちらも別途ご紹介します

というわけで年に何回遊べるかわからないほど
スペースを必要とするダイナザウラー基地モードでした
次回はビークルモードをご紹介の予定です