FC2ブログ
2019 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 04

MP-25 トラックス

kage

2019/03/19 (Tue)

発売は結構前でした

6578.jpg
ビークルモード
ドアミラーが別パーツなのですが
破損恐怖症なので取り付けていません

そのほかにも固定ポーズのフィギュアや
スタンドなどが付属しますが
ミラーと一緒に箱の中です

ボンネットは可動式で
中のエンジンが見える仕様です
※写真撮り忘れました

6579.jpg
ではトランスフォーム

6580.jpg
ではなくてモードチェンジ
トラックスにはフライトモードがあります

6581.jpg
今度こそトランスフォーム

6582.jpg
ロボットモードは
他のカーロボットより若干身長高め

6583.jpg
飲みすぎなのかってくらい真っ赤な顔
造形は良いですね

6584.jpg
可動自体は悪くないのですが
特殊な構造の関節が多く
ポーズを付けるのに難儀します
上半身のロック機構も甘めで
少し動かすとポロっとロックが外れたりして
意外に弄りにくくなっちゃってますね

6585.jpg
MPカーロボットたちと並べてみると
コイツだけ頭身が高いですね

フライトモードは実在する飛行メカモチーフじゃないから
トリプルチェンジャーではないんですね

SS-27 メガトロン(海外版)

kage

2019/03/17 (Sun)

国内版もまもなく発売されますが
一足早く海外版を輸入トイショップで購入しました
6569.jpg
リーダークラスなのでデカい!
というかビークルモードがめっちゃ長いです

6570.jpg
マスターピースコンボイのトレーラーとの比較
とにかく長さが半端ありません

6571.jpg
後部のボロ布を取るとこんな感じ

6572.jpg
ではトランスフォームしましょう
キャブ部分はスッカスカのハリボテモナカですね

6573.jpg
その分ロボットモードでは
みっしりとパーツが埋められていきます

6574.jpg
頭部造形は劇中同様ダメージあり

6575.jpg
布は本当に布製で
軟質の鎖も付属

6576.jpg
布の上から鎖で止めてみましたけど
宣材を見ると布は被っているだけのようですね

6577.jpg
スタスクと2ショット
ショックウェーブとサウンドウェーブも
早く出してほしいですね

PC98をキャプチャーしたい

kage

2019/03/15 (Fri)

PC9821は24Hz対応のスクエア液晶でバッチリ映ります
でもどうせならキャプチャーして配信したい
そんな欲求が生まれてしまい
試行錯誤を繰り返してきました

VGAからのHDMI変換はWindows95はOK
しかしPC98の640×400の解像度はNG
ということで次に試したのは
コンポジット変換

6561.jpg
アップスキャンはあきらめて
ダウンスキャンに挑戦します

こちらモデルは単純なダウンスキャンに加え
画像の表示位置や画質の微調整が可能

無事に赤白黄色のコンポジットで
画像を変換してアナログでキャプチャーできました

6566.jpg
こんな感じで無事にキャプチャーできました
ただしアナログなので映像はボケボケです

6567.jpg
ということでさらにフレマイに繋いで
VGAからS端子、そらにHDMIと変換
表示位置が左上に寄っています
しかも左右も結構切れてます

6562.jpg
念のためということで
MG5000でもテストします
かなり久しぶりに使用しますね

6563.jpg
お!良いんじゃないでしょうか

6564.jpg
若干両端が見切れてますが
通常プレイには支障ないかと思います
ただしこのアップスキャンコンバーターは遅延が結構あるのと
HDCP信号が出るのが欠点です
今回もキャプチャーとの間にはスプリッターをかませています

ということでここまでの流れですが

PC9821D-sub15
ダウンスキャンS端子
アップスキャンHDMI
スプリッターHDMI
キャプチャーボード

となりまして非常にややこしい(;^ω^)

しかも
6568.jpg
対応しているのは31Hzのみで
24Hzは御覧の通り
 まあ仕方ないですね
ちゃんとキャプチャーできるのは
マイコンソフトの高級品のみという事なんでしょうね

カードの取り付け位置を変更

kage

2019/03/12 (Tue)

メインで使用しているRYZENマシンですが

6556.jpg
グラフィックカードを交換して
スペックアップしたのは良かったのですが

6557.jpg
このカードの直下にはUSB3.0の増設カードが
排熱の妨げになるし
最悪はUSBのカードに熱の影響が
出ないとも限りません

6558.jpg
バックパネル側から見るとこんな感じ
上からグラボ・USB・キャプチャー
の順に刺さっています

6559.jpg
という訳でカードを取っ払いました
今使っているマザーボードは
幸いにもPCIeの×16スロットが
2つあるのでグラボを一番下に移動させます

6560.jpg
はい、こんな感じです
下のスロットは金属シールドのない
プラのスロットですが
歪み防止の柱を使っているので大丈夫でしょう
マザー自体はmATXなのでスロット最下段とはいえ
まだ余裕がありますので排熱は問題なさそう
ベンチもやってみましたが
特にスコアが下がることもなかったですね

このグラフィックカードを選んだ最大の理由が
他のカードに干渉しない2スロットタイプだったのですが
最初からこの構成にしておけば2.5スロットタイプの
もう少し高クロックのものもOKでしたね
なぜ、あの時それに気が付かなかったのか
まぁ今のままでも十分にオーバースペックですけどね

DOA6を4Kでやるとめちゃめちゃキレイですよ~

SG-05 オートボットコグ

kage

2019/03/09 (Sat)

元々はフォートレスマキシマス付属のミニロボらしいです
6549.jpg
2台のビークルが合体

6550.jpg 
大型ビークルになります

6551.jpg
トランスフォームは
組み換え式です

6552.jpg
コグロボットモード
ポジション的にはコンボイの
ローラーみたいな感じでしょうか

6553.jpg
設定が良くわからないので
自我があるのか不明です
教えて、わかる人

6554.jpg
デラックスクラスですが良く動きます

6555.jpg
シージでは各部がバラバラになり
TFの武装になるなる設定です

6546.jpg
サイドスワイプに装着
スーパー合体風の見た目になりました

6547.jpg
コンボイに装着
右腕に火器を集中
メガトロンの融合カノンぽく

6548.jpg
ウルトラマグナスに装備
火器をすべて合体させて
大型の一撃必殺武器に

遊びの幅が広がる素晴らしいアイテムでした